転職するよりFEELCYCLEに行けば

転職すれば人生変わると思っていましたがFEELCYCLEに行った方が良い方向に変わりました。その過程で得た気づきをシェアできればと思います。

BB3 World 1 498Run

レッスンについて

なんと半年振りの受講…避けていた訳ではないが時の流れの早さを感じさせる…それにしてもこの半年は濃かったなと思った、ハロウィーンでのアーティストプログラム一挙公開、年末年始の特別レッスン(2000円笑)、2月に突如現れた9th2の限定レッスン(4000円笑)、奇跡の高強度祭りのエイプリルフィール、そしてLUSTER、アーティストウィーク…本当にイベントが多く、あっという間の半年でした

感想・メモ

さて、レッスンですが、死ぬほどキツかったです笑。普通に漕げませんでした

前回はイキったレポを書いてましたがなんだったんでしょうか

 

 

chitlom.hatenablog.com

 

と言うか1曲目から3曲目まで普通にキツい、全然難なくじゃなくて冷や汗かきながらギリ漕げた。そして4曲目で一気に強度上がりまして体力と気力が持っていかれます。5曲目で休むとは言えキツい、と言うかここまで4曲目以外曲が長くて焦る。そして6曲目、超速いP3DTでプッシュアップ、ここで死亡します、漕げばわかります、一度試してみてください。ダンベル後の曲、一体何のremixなんだ…と最初気になりますがすぐにそんなこと考えられなくなります、ただのキツいP3か P5でDT。そしてラスト、もう心折れてもはや漕ぎ始めるかどうかを悩みつつ何とか漕ぎ出すもののただのP3DTでプッシュアップかタッペンプッシュかスタファのただただキツいだけの曲です、もはやタピバ1ミリくらいしか動かせなかったしプッシュアップは気持ちだけやりました、あと改めて曲を聴いてもP3 DTで漕ぐところじゃない箇所があるのですが意地悪なくらいに座れません、意味がわからないと思いますが試しに漕いでみてください、体感すると思います

 

お疲れさまでした

 

また半年後くらいに…

これからFEELCYCLEを始めようと考えている方へ

新年度も落ち着き、何か新しいことを、運動を始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。そしてその一つの選択肢がもちろんFEELCYCLEになり得ます

もし、そんな方がこのブログに辿り着いてましたら、一つだけ事前にお伝えしたいことがあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジオがめちゃくちゃ暑いです

 

いやこれですね、会員ではない方に知られていないFEELCYCLEの特徴はとにかくこれです。完全にホットサイクリングです(ちなみにFEELCYCLEの運営会社はホットヨガのLAVAを運営している会社と同じグループです、察し、、、と言う感じですよね)

 

ただ、実は筆者的には全然ネガティブポイントではなく、むしろ気に入っている点なんですが、知らないで行くとかなり面食らうポイントと思いますので書いてみました

「暑い中で運動なんて何がいいねん」と言うツッコミが入りそうですが、何事にも代えられないメリットに繋がります。それは

めちゃくちゃ汗をかく

と言うことです。いや、よく考えると当たり前なんですが笑 意外とこれが気持ちいいです。サウナと同じ感覚で、それこそ高強度のプログラムを受けると整います、マジで日常生活では到底味わえない高揚感を味わうことができます(マジで倒れる寸前の臨死体験です)。あと

大量の汗をかくことで、とりあえずやった感を簡単に味わえます

これも大事ですね。ジムに入ったはいいものの「なんか、やりきれないなー」「追い込めないなー」なんてのは時間もお金ももったいないですよね。ところがFEELCYCLEの場合、暑い中で運動をするので、間違いなく確実に(これポイントです、確実にです)大量の汗をかけますので満足感を常に味わうことができます。仕事をしている方にとっては、特に平日に45分の時間を捻出するのって簡単ではないですよね、レッスン前後の時間も入れると1時間半は必要なのではないでしょうか。そんな中、受講したものの「なんかなー」と言うのは避けたいですし、続かないですよね

なのでスタジオが暑い、と言うのは良いことなんです。そしてこれがFEELCYCLEのメリットの一つなのです。ただし、そんなことはどこにも書いていないし、知らないとビックリすると思いましたので書いてみました

 

以上です

BB2 QUEEN 497Run

レッスンについて

リザレクションやアーティストウィークなど期間限定のプログラム

以前から狙ってはいましたがタイミング合わず、、、ようやく初めて受講しました

感想・メモ

いやこれも良いプログラムです

曲ほぼ知ってる、知らなくてもカッコいい、まさにビートルズ君には見習って欲しいプログラムです

 

と言うか…

ランが長いよ!!しかも一曲目からってどういうこと!?さらに128ct以上とか完全にダメでしょw(P3で64ct→P2で90ct、まあそう言う問題じゃないです)2回目のラン(ダンベル前)もP3で100ct近くある超キツいやつで、そんな長いとは全く予想もしてなく途中64ctくらいでIRがなんか言った時に勝手に「slow down」と聞き間違えと言うかそう言った信じたく何度か自主的に緩めました笑

と言うことで結構キツいです。アーティストプログラムの中だとDVGTが頭一つ抜けてキツく次いでこのQUEENかARGDという感じです。ラン以外にも基本P3でしかも謎にリズムが取りにくくて疲れる、一曲の中で急にゆっくりになったり、3拍子があったりと集中力も必要です。P2でもかなり速い、3曲目はBB2 2017でも登場するあの爆速曲です

ホントひと昔のプログラムは強度が高いです。このプログラムは2017年リリースですよね、そのまとめ的プログラムのBB2 2017ではその他、EDM、スリレゲ、WiHouse1と、2018年に劣らず豊作です、やっぱりBB2 2017は超キツい。そして改めて最近リリースのプログラムはやはり強度的に物足りないのでは…と思わざるを得ません、CVHSが強度上げるチャンスだったと思うのですが、結果QUEENなどに比べると明らかに劣ります、筆者が入会してからでキツいものだと3UPGD1とBiHouse2の2つのみがキツいかなと思います、まあこの二つも十分強度高く良いプログラムですが、もうちょい悪ふざけレベルでキツいプログラム出しても良いと思いますが…まあUPGD漕げるようになってから言えと…

 

とにかく、BB2 QUEENはかなり良いプログラムだと思います

BB1ではあるけれど、常設プログラムでもQUEENはあるので受けてみようかしら

 

あ、あとまたシャワーの話で恐縮ですが、シャワー弱いのどうにかならんでしょうか

地味にストレスですし、強くすれば時間短縮にもなって皆んなハッピーになりますので

ご検討よろしくお願い致します

 

以上です

 

お疲れさまでした

BB2 DVGT 496Run

レッスンについて

リザレクションやアーティストウィークなど期間限定のプログラム

感想・メモ

いや本当にいいプログラムですね、神回でした

この日は仕事でモヤモヤというか気の晴れない日でしたが、レッスン中は忘れられて終了後は気持ちも晴れてました、感謝です

 

このプログラムも曲が良いですね。同じく曲が良いで有名なCVHSはベスト盤みたいにシンプルに良い曲を集めているのに対し、こちらは正直ベスト盤とは程遠いですが、このプログラムを通じて知った、好きになった曲が多くてFEELCYCLEの良いところが現れてもいるプログラムです。それで言うと3曲目はこのプログラムを通じて知りましたが、今ではプログラムの中で一番好きな曲です

と言うか全体を通じて流れがスムーズと言うか自然で良いです。初っ端上げたと思ったら一度落ち着き、5曲目くらいから徐々に曲調も強度も上がっていきます、徐々に上がっていくのが良いです、ダンベル後も一旦落ち着きつつ強度は落とさないのもいいですね。今パッと思いつきましたがダンベル曲だけ微妙ですよね、あそこsexy bitchでも良かったのでは、それで完璧なセトリになりますしコリオも同じのでいけるんじゃないですかね

youtu.be

 

また次回の提供を楽しみにしています

 

以上です

BB2 CVHS 495Run

レッスンについて

2023年の夏頃にエニウェア、ハロウィーンイベントでスタジオでもリリースされたプログラム

DJというかプロデューサーのカルヴィン・ハリスの楽曲のみで構成されたプログラム

このタイミングでカルヴィンがリリースされるって意外とそんな認知度と言うか立ち位置なんだという感じです、クラブに行ってる人は絶対に知ってるアーティストですが、それ以外の方は知っているのだろか、と言うかカルヴィンがいいならハードウェルもそろそろいいのでは…(しつこい)

感想・メモ

まあ普通に楽しいですね、期待通りの楽しさです

曲がいいです、コテコテ感もなく誰が聞いてもカッコいいと思えるであろう曲が揃ってます。シンプルに選曲の良さが光ります。Aviciiとビートルズも見習った方がいいのでは…

そのカルビンの選曲についてもう少し語っているのがこちら

 

chitlom.hatenablog.com

 

 

強度も本当に真ん中という感じで誰も文句言わないでしょう、軽すぎずキツすぎず

 

振り返り
1曲目:いきなりカッコいいー、いい時期の選曲ですね、コリオも合ってる
2曲目:これもいい時期の曲…この曲聴くとこれを思い出します、超チャラいですよね…そしてこの時期のクラブは本当に楽しかった(今のは知りませんが)

youtu.be


3曲目:勢い止まりません、引き続き選曲が良過ぎる。ランが出てきますがP2で32ctとP2で32ct→P3で32ctの安心設計です
4曲目:エモ曲が続きます。EDMっぽい曲が続きましたが、ここでお洒落ソング登場です
5曲目:謎のアンダーグリップ。手首が硬くてちょっと痛い。ここでもランが登場しますがP2なので漕げます
6曲目:この曲が本当に乙ですね、、、欲を言えばこれをダンベル前にしてDTで漕ぎたかったです、まあ次の曲も良いので許します
7曲目:懐かしいなー、この時期も楽しかった、、、スタファで漕がせてくれてキツくて楽しいです。最後の最後にランが登場しますがP3で32ctなのでここも大丈夫です
8曲目:ダンベル、マジで曲を外しませんねこのプログラム、かっこいい
9曲目:エモすぎです、本当にありがとうございました。最後のセットでP3DTが出てくるので気持ちの良いキツさ
10曲目:最後盛り上がると思いきや意外な選曲です、これでランさせられるのも謎。ですが、まあいいと思います。1セット目がP3で64ct、2セット目がP3で80ctくらい

 

カルビンのファンとしては非常に嬉しいプログラムでした

曲がどれもカッコ良いので知らない人も気に入ってくれると思います、ぜひ受けてみてください

 

お疲れさまでした

BB2 BTLS 3 494Run

レッスンについて

初めて受けるプログラム

感想・メモ

いやなんかキツいですね、特に最後の2曲は良い感じの強度です。プログラム全体的にP3が多くて、P2でも謎に速かったりと、曲調の割にキツいです

 

そしてこのプログラムの特徴は、とにかく曲数が多いこと、13曲もある笑 調べずに受講しましたが、どんどんと曲が変わっていき、焦るくらいに多く感じる、なかなかダンベルタイムがこない、やっとダンベルが来たと思ったらその後にしっかり3曲、ラストから2曲目が逆にかなり長い(7分)、コリオもめちゃ長いタッペンプッシュでキツい。そしてラストソングでようやく素人にもわかるビートルズ感、、、

 

ファンの方には申し訳ないですが、何故ビートルズだけで3つもプログラムを作ったのだろうか、、、と思いました。筆者は30代半ばですが、それでもほとんどの曲を知りませんでした。なんとなく知っていても、なんかテンション上がる曲でもなく、沁みる感じもなく、、、上記のように最後の曲でやっとこさ、これ感が出てきて、曲も漕いでいて楽しく、それでようやく上手くまとまったと言うかプログラムとして完成したと思います。超有名な曲だけ集めたベスト盤みたいな形で一つだけ出せば良かったのに、、、と思いました。と言うか申し訳ないですが今聞くとちょっとダサいと言うかノレないと言うか、、、かなり前ですが、音楽を齧っている友人に「ビートルズが音楽のほとんどをすでに作ってしまっている」と言われたことを覚えているのですが、筆者的には「??」と言う感じで、最近流行っている曲の方が明らかにかっこいいと思います(それのルーツがビートルズだとしても)

 

最近の曲と言えばつい先日、いま流行っているKpopを聴く機会があったのですがまあカッコいいですね。NewJeansなんて一回で好きになりました。早くBB2 KPOP作れば良いのに、、、なぜ作らないのか本当に謎です。ビートルズを好んで受ける会員よりKpopを好んで受ける会員の方が絶対に多いです。お願いします

そしてビートルズは勇気を出して3つあるプログラムを1つにまとめてしまった方が良いのでは

 

以上です

 

お疲れさまでした

BB2 P!NK 493Run

レッスンについて

初めて受けるプログラム

リザレクションなど期間限定で提供されるプログラム

感想・メモ

一曲目かっこいいですね、BB2 House4と同じ曲でスタートです。House4の方がオリジナルと思ってましたが、こっちが本家なんですね

ダンベル前がBB2 2019にも登場する曲、このプログラム唯一のランが出てきます。P3で64ctを2セットとしっかりと走ります。と言うか、やっぱり年号シリーズ漕ぎたいな、、、今回のリザレクションはアーティストウィークと言うことで年号シリーズをはじめ、過去のHitシリーズやEDM、Movieなどの提供はなし、プログラム数が多くなり過ぎたのか、過去のプログラムを無かったことにしようとしているのか、、、本当のところは分かりませんがやはり、年号シリーズなどを漕ぎたくなりますね

 

ダンベル後にF**kin' Perfect、ラスト曲は初めて聴きましたがカッコイイですね、コリオもP3DTでしっかりと漕がせてくれてオーラスはプッシュアップも加えられ、ちゃんと疲れてフィニッシュです

 

アーティストのプログラムの中ではARGDには劣りますが、結構良いプログラムと思います

 

ところで、個人的な批判に繋がる可能性があるので、普段はあえて書かないようにしていますがIRについて少し

やはりこれだけのIRがいれば良い方もいれば、ちょっとな、、、と思う方もいるのが本音です。そこで筆者が考える良いIRとは、翻って良くないIRとの違いとは、ですが簡単に線引きできる点があります

それは、声が大きいかどうか、と言う点です。こればっかりは間違いなく、良いIRは例外なく声が大きいです。声が大きいから良いIRにはなりませんが

そして今日のIRはめちゃくちゃ大きい声で、わかりやすいインストラクション、上手な歌を披露してくれ、満足度が上がりましたとさ

 

お疲れさまでした